農業の真面目な話

b0007648_16503932.jpg


ちょっと真面目に考えてみたくなった。
つまんないですよ。

農業の話。

民主党が農業政策を参院選の争点にして以来、
最近、農業問題がよく取り上げられる。

金曜日の夜、NHKで農業に関する番組をやっていた。
番組冒頭の問題提起は、
耕作放棄地がどんどん増えて
現在38万haを超える現状の紹介から始まった。
そして、番組後半の現状打破の部分では、
大規模化によるコスト削減、ITの駆使による栽培管理、
大手飲食店との提携による販路の安定化など、
さまざまな工夫で生き残りをかける生産者を紹介し、
農業には可能性もある!という結びだったと思う。

でも、これ、ずれていると思う。
さまざまな工夫で生き残りをかける。
競争に生き残る。
これはとても大事なことだと思う。
でも、競争に勝つ人がいるということは、
競争に負けて淘汰される生産者、地域、農地も
裏で同時に発生するということだ。
冒頭の問題提起にあった耕作放棄地の問題が、
これで解消されるのだろうか?

そもそも、農業というのは、自分たちが食うもんを作る、という
極めて当たり前の生業だ。
いきなり競争と言われても、
全国の多くの零細農家は困ってしまうのではないか。

日にち変わって、土曜日の夜にも
NHKで農業に関する番組をやっていた。
こちらの番組では、食料自給率39%という問題提起から始め、
生産者および消費者のそれぞれの立場から論じる、
という構成になっていた。

録画してあるが、まだちゃんと見ていないので
間違っているかもしれないが、
一部を見た限りでは、議論が全く噛み合っていない印象を受けた。
討論参加者の問題意識がバラバラだからだ。
消費者の選択性の問題、
食の安全性の問題、
FTAやEPAといった他産業も含めた輸出入の問題、
農山村を中心とした地域の衰退の問題、
全部が同時に一緒くたにごちゃごちゃ議論されているから、
噛み合うはずもない。

その大前提として、農業を産業と捉えるのか、
それとも文化・生活・環境のための活動と捉えるのか、
その部分もごちゃごちゃだ。

テレ朝に出てくる田原総一郎は、
政治家と農業問題を論じる際に、必ず
「あなたの○○党は農業を産業と捉えるのか?」
と質問する。
ここの仕分けがまず重要だと思う。

ここから先は個人的な考えだが、、、

まず、産業としての農業の問題。

農業の輸入自由化といった問題についてだが、
国産と海外産を選択するのはあくまでも消費者だと思う。
国産を選択する消費者が多ければ、自給率も上がる。
日本の農業を守りたいのであれば、
消費者が、多少高くても、国産を購入するという、
価値観を広めることが必要だと思う。

ただ、事はそんな綺麗ごとだけでは済まない。
かくいう自分も、カリフォルニア米でも中国米でも、
安いお米が店頭にあれば、そっちを買うだろう。
自分みたいな安月給の人間に、高い国産は選択できないのが現実だ。
選択肢がほしい。

それでも国産を選択させるためには、
安い国産、あるいは安全性や鮮度の高さなど付加価値により、
国産を選択させるようにしなければならない。

そのための方策には、2つの方向性があるだろう。

1つは、これは耕作放棄の問題も併せて解消するものだが、
「株式会社日本国農業」のように、
日本国内の農産物を一律化することだ。
生産コストのかかる中山間地の農産物も安く販売し、
その分の赤字分は、生産効率の良い地域の農産物の価格に上乗せし、
補填する。
さらに民主党の言うように、生産農家一軒一軒に所得保障をする。
つまり、国内での競争を一切排除し、
国産の一律化を図って輸入農産物に対抗するというものだ。
しかし、これは今や現実的ではない。

そうすると、もう1つの方向性となるのが、
各生産者による付加価値創出等の努力である。
価格(コスト削減・効率化)、安全性、鮮度保持、一定の販路獲得など、
NHKの番組でも取り上げられていた努力を続ける、広めるというものだ。
農業行政にはそのサポートが求められる。

ただ、前述のとおり、これで耕作放棄地問題が解決するとは思えない。
自由主義経済のもとでは、淘汰される部分が生じる。
その対応が必要だと私は思うが、
その必要性が共有されていないのが現状ではないか、
そこが最も大きな問題なのではないかと思う。

私は農村の風景が大好きである。
そういう風景を残したいと思う。
耕作放棄地が増えれば、その風景は壊れる。

冒頭の写真は、筑波山の麓である。
田園の中の濃い緑の部分は、耕作放棄地である。
茨城県は農業県であり、放棄地は少ない地域ではあるが、
仮に、全部濃い緑の放棄地になったら?

それに、環境も重要だと思う。

コウノトリはなぜいなくなったか。
戦後の湿田の乾田化や農薬散布などの
農業効率化の影響が大きいといわれる。

“夕焼け小焼けの赤とんぼ”と歌われる
アキアカネはどこで産卵し、どこで羽化するか。
カエルは?メダカは?どこで生活する?
メダカの学名のOryzias latipes は、
『稲の周りにいる足(ヒレ)の広い魚』という意味である。

これ以上例を挙げていたらキリがない。

こういう生き物の環境としては、
戦後の圃場整備や農薬散布の影響の点も問題視されているが、
そもそも農地がなくなったら、話は終わりである。

こういう問題を、どうにかするべきなのか否か。
それをまず共有することが必要だ。
実は農業関係のコミュニティに問題提起をしたこともあるが、
「生産できなくなった農地はそのまま自然に還ればいい」
という生産者のご意見も少なくなかった。
大多数の国民が「風景?環境?そんなのどうでもいいよ」
と言うならば、仕方ないかもしれない。

どうでもよくないのなら。
これは農業を産業と捉えていては解決不能な気がしている。
求められるのは、産業としてではなく、
文化・生活・環境のための農業と言う視点である。

この場合には、
必ずしも生産物の自由市場流通を主目的としない農地管理、
さらに場合によっては食糧生産も行わずに
農地に類似する環境を保持するような農地管理
というものができるシステムを作らねばならないと思う。

行政的には、農林水産省よりは、
国土交通省や環境省の範疇に入ってくるかもしれない。
その縦割りがまず最大のネックかもしれない。

そのシステムの内容までくどくど書いているとさらに長くなるが、
要するに、
産業としての農業の育成と言う視点と、
文化・生活・環境のための農地管理と言う視点の、
2本立てで考えていかないといけないのではないか、
と考えている次第である。
そこを整理し、問題点とテーマを峻別して議論していかないと、
収拾はつかないのではないかと思う。

こんな拙文をここまで読んでくださったお方は、
とっても奇特なお方かもしれませんね。
感謝します。
[PR]
# by mitsufumi_okada | 2007-10-21 16:40 |

農業の政策(無知なつぶやきです。あしからず。)

mixiに手をつけてから、ずいぶんこっちがおざなりになってしまった。。。

こないだの参議院選挙の前後で、
テレビで農業政策について政治家が討論する場面を何回か見た。
今年に入って民主党はえらい農業を取り上げているみたいだけど、
僕がテレビで見たのは初めてだった。
不勉強なんだけど、
大規模なところに金を出す、
っていう今の政策の論拠が、ずっとイマイチよく理解できなかった。
そういう意味では、民主党の人が言ってる反対意見の方が、
すんなり入ってくる。
でも、かと言って、民主党の政策の方がいいかと言うと、
これまたイマイチ、ピンと来ない。
選挙対策とうがった見方もできる代物。
もうちょっと勉強して、整理しよう。

ただ、耕作放棄地が増えている昨今、
これを農“業”だけで何とかするのは、
少なくとも短・中期的には無理な気がする。
環境の側面から、農業を守るのではなく、
「農地(の環境)を守る」ことを主目的にした
取り組みも必要ではないかと思うのだが。

それと、エコブームで有機とか無農薬とかが叫ばれる昨今だが、
農薬使ったっていいじゃないか、って思う。
農薬を適正に利用して、一定品質の商品を効率的に生産し、
安定供給することに尽力するのも、
消費者に対する一つの誠意だ。
そういう商品が淘汰されるかどうかは、
消費者が決めることで、
政策的にあんまり突っ込むことにはやや疑問。

そんなこんなを含めて、
どうも農業政策の議論はバランスを欠いているような気がする。
でも、もうちっと勉強が必要だな。。。
[PR]
# by mitsufumi_okada | 2007-08-14 19:10 |

大根の収穫

プランターから大根収穫しました。
残りはイチゴと玉ねぎです。
GW明けたら、なんぞ果菜を植えようかいの。

↓葉っぱ切る前に写真撮りゃよかった。白く見える枠が、A3サイズです。11月の種まきでも、このくらいにはなるんですね。ただし、暖冬のおかげかも。
b0007648_14504744.jpg

[PR]
# by mitsufumi_okada | 2007-04-30 14:50 |

井の頭公園 花見の賑わい

平成19年4月1日(日)、井の頭公園でお花見をしました。
場所取り担当の僕は、早朝から夕刻まで、桜を満喫しました。
そんな春爛漫の井の頭公園の光景。

↓シートに布団をひいて、ねっころがって夜桜見物♪
b0007648_11365828.jpg


↓空が明るくなってきました。
b0007648_1137613.jpg


↓朝日が昇りました。
b0007648_11371674.jpg


↓朝の六時頃には場所取り部隊が続々到着。
b0007648_11372370.jpg


↓微笑ましきカップルさんを盗撮。
b0007648_11384358.jpg


↓水鳥たちがいなくなり、代わりにボートで賑わう春の井の頭池。
b0007648_11375583.jpg


↓昼になると、七井橋は大渋滞。
b0007648_1138539.jpg

[PR]
# by mitsufumi_okada | 2007-04-09 11:39 | 景観

一冬越えたベランダ菜園

ベランダ菜園の一冬の成果です。みんな11月に種まき・定植をしたため、ちんまいモノばっかりだ。
大根は、通常は10月頭までに種をまくものだから、まだ単なる根っこでしかない。このまま花が咲くのかなぁ。
小松菜・ほうれん草・水菜は、12月に鳥に全部かじられたにしちゃぁ、よくここまで復活したもんだ。粥にでも入れて食べようかな。
あとはイチゴと玉ねぎ。イチゴは作ったことないから、この先どうなるのかさっぱり分からん。とりあえず、ほっといたらどうなるのか、見てみよう。玉ねぎは、ちょっと膨らんでいる。このまま玉になってくれるのかどうか。

↓小松菜と水菜
b0007648_14135885.jpg


↓手前がほうれん草、真ん中がイチゴと玉ねぎ、奥が大根
b0007648_1414524.jpg


↓このまま“玉”ねぎに膨らんでくれるかどうか
b0007648_14141935.jpg

[PR]
# by mitsufumi_okada | 2007-03-10 14:15 |

「居心地ええやろなぁ」満載のバリ島

『情景』の項で唐突にバリ島の絵を出しました。神々の島、バリ島。文化が見事に観光化されています。もともとは20世紀初頭から、ヨーロッパからの船便が就航したところから、バリ島の観光は始まります。独自の文化は、見せる文化となり、子どもたちの教育にまで浸透します。この現象は、“バリの欧化”と呼ばれます。
そんなバリ島を昨年訪れました。そこで、一番印象に残ったこと。見せる文化でもなく、食事でもなく、観光客相手の工芸でもありません。それは、居心地のよさそうな、気持ちのよさそうな空間が満載であったことです。実際に現地の人が気持ちよさそうにたたずんでいる時もあるし、誰もいないけどあそこは絶対気持ちがいい!と思わせる場合もある。元々の風景自体は、日本とたいして変わらないのです。でも、その感じ方が、ちょっと違う。
例えば、クタビーチの緑陰。海岸の見た目は九十九里と似た感じだけど、砂浜の傾斜が座るのにちょうどいい感じで、その傾斜に午前中は並木の木々が影を落とす。もちろん、並木の下はいつも涼しげ。
例えば、田園の中の昼寝小屋。日本のどこにでもある田んぼ・棚田と大して変わらない風景だけれども、必ず昼寝小屋があって、そよ風を感じながら寝たらさぞ気持ちよかろうと思わせる。
例えば、風のオルゴール。ブサキ寺院の上にある土産物屋の店先の商品とはいえ、見晴らしの良いところに、風で動くオルゴールが置かれており、視覚だけではなく聴覚をも楽しませる。
そこに生活をしている人々の感覚とは異なるとは思いますが、何か、暮らしの中、あるいは自然との向き合い方の中に、日本人とは違う余裕、あるいは素直さのようなものを感じます。せかせかした日本では、やや忘れられている感覚のような気がしたのでした。

↓クタビーチ。朝早かったので、長い緑陰が砂浜を包んでいます。波が高いのでサーファーに人気の海岸。
b0007648_842763.jpg


↓アバン郊外の棚田で見た昼寝小屋。生えていた木を利用したわけではなく、昼寝小屋の用材から木が生えてこのようになったものと思われます。
b0007648_844018.jpg


↓ブサキ寺院でみた風のオルゴール。
b0007648_844938.jpg


↓クタ・レギャン郊外の田園風景。クタで自転車を借りて、ポタリングしたときに描いた一枚。
b0007648_85423.jpg

[PR]
# by mitsufumi_okada | 2007-02-25 08:10 | 景観

情景

「情景」。同じ仕事をしている他の会社の若手さんと飲む機会があった時に、N先輩がSC先生の言葉として教えてくれた言葉だ。
自分の仕事は、「景観」というものをひとつの大きな軸としている。でも僕は、どうも「景観」という言葉に抵抗感をどんどん強めてきていた。「景観づくり」という言葉が、とてもおこがましいもののように思えてきていた。この違和感はなんなんだろう。。。整理できるようで、イマイチもやもやしていた。どうしても見つからないワンピース。そんなジグソーパズルのような気持ちの中に、すっと突然はまり込んだワンピース。それが「情景」という言葉だった。単純な言葉なんだけど、なんでこれが見つからなかったんだろう。
なるほど、僕が作りたいと思っていたのは、「情景」だったんだな。いろいろな人の心の中に染み入るもの。視覚だけではない、五感を通して染み入ってくるもの。
その場では、記憶の映像の残り方の話も出た。ある人は、遠くの山並みや建物など、風景全体の構造が記憶に残っていると言った。僕の場合は、きらめくススキの穂であったり、どこかのお店の暖簾であったり、庭先の花であったり、注視点の映像が残っている。映像だけではなく、店からこぼれる光や、そのときの日差しの暖かさも一緒に残っている。僕は絵を描いているが、あれでも同じだ。描く時は、全体の構図デッサンなど全くせず、いきなり細部からサインペンで書き込み始める。そして出来上がった絵には、描いているときのそよ風や子どもたちの歓声や声をかけてきた人の言葉や木々の匂いなどが封じ込められていて、自分の絵を見返すとそれが蘇ってくる。
「情景」というピースが見つかり、少しパズルが出来上がった。でも、それは全体のほんの一部でしかない。いったいぜんたい、この「情景」を作っていくためには、どのようにしたらいいのだろう。技術者1人でもできないし、技術者がいくら集団で組んでもできない。ひとそれぞれに染み入る「情景」は異なる。そもそも作るものなのか?やるべきことは何のか?整理がついたと同時に、また難しさが見えてきた。でも、今自分がやっていることはこの作業から少なくとも外れてはいないだろう、という自信も少し加わった。はてさていったい、このパズルは何ピースあるんだろう。たぶん一生作り続けるんだろうな。
難しいけど、、、このジグソーパズルは、楽しい。

↓バリ島・クタビーチの情景
b0007648_1225188.jpg

[PR]
# by mitsufumi_okada | 2007-02-12 12:25 | 景観

吉祥寺生活より~惚れる仕合せ

吉祥寺に暮らしはじめて、3年くらいになる。子どもの頃にも中央線沿線に住んでいたため、元々なにか懐かしさを感じる馴染みのまちだった。今も、街のほどよい雑踏や、季節や時間で表情を変える井の頭公園、そんな街に遊ぶ人々の表情がとても楽しくて、気に入っている。そして最近、もっともっとこの街に惚れこんできた。とあるお店との出会いがあり、そこに集まる吉祥寺に暮らす人々との交流が生まれてきたからだ。やっぱり街の主役は暮らす人々。当たり前のことだが、なんか妙に実感する今日この頃である。そして最近のお気に入りの詩。

 土地に惚れ 女房に惚れて その上に 仕事に惚れる ひとは仕合 (坪野平太郎)

こうありたいものである。
「仕合」は、いわゆる「幸福」の意味だと思っていたのだが、広辞苑で見ると、「めぐりあわせ」「天運」といった意味が先に書いてある。たぶんどちらの意味も重要なんだろうな。

↓丸井の横から井の頭公園へと至る道、七井橋通り。公園の中から駅方面を見る。階段脇には「いせや」。夜に通ると、焼き鳥の白い煙に賑やかな店内の人声。これもなかなかよい。
b0007648_1057568.jpg

[PR]
# by mitsufumi_okada | 2007-01-14 11:04 | まちづくり

夏の終わりの筑波山いろいろ。

筑波山の写真を何枚か。双耳峰として有名な筑波山ですが、それはお江戸から見た形。東西南北、見る方向を変えると、いろいろな形に変化します。個人的に勝手に分類すると、だいたい8種類くらいの形に分けられます。だから、筑波山の周りのまちでは、みんな筑波山を誇りに思う心は共通なのですが、「おらがまちから見る筑波山が一番きれいさ!」という、それぞれの自負もあるようです。ここに紹介するのはその一部。そのうち、もうちょっと詳しくご紹介しましょうね。季節はずれですが、夏の終わりの筑波山いろいろ。

↓南側から見た双耳峰筑波山。お江戸からはこの形が遠くに見えました。
b0007648_1082110.jpg


↓南西の方から見た、王冠型の筑波山。2枚目は、つくば特産の芝畑から。
b0007648_1083438.jpg

b0007648_1084645.jpg


↓西の方から見た筑波山。この写真は、まだ王冠の名残がありますが、もう少し北に行くと、一番右の峰が消えて、単峰と左側のこぶ、という形になります。小貝側沿いの公園より。
b0007648_108556.jpg

b0007648_109346.jpg


↓北西から見た、2つの峰の筑波山。最初の双耳峰の形よりも、少しシュッとした感じ。別名「結城筑波」。ひまわり畑にて。
b0007648_109941.jpg


↓北西方向のほんの限られた方向だけで見られる、連続する3つの峰の筑波山。この写真だと、ちょっと真ん中が見にくいかな。小貝川の堤防から。
b0007648_1091946.jpg


↓北から見た、なだらかな形の筑波山。最初の双耳峰の、裏っ返しバージョン。
b0007648_1092725.jpg

[PR]
# by mitsufumi_okada | 2007-01-08 10:23 | 景観

東京ポタリングVOL.11~五重塔と里の風景と新興住宅街

川崎市の細山というところ、よみうりランドとか新百合ヶ丘に近いところの山腹にある香林寺というお寺さんです。自転車で多摩川河岸段丘を上り下りして、えらい疲れましたが、とっても癒される風景でした。でも、ここの立派な五重塔、そんなに古いものではありません。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
香林寺は山号を南嶺山と称し、大永5年(1525年)に開山された。
五重塔は当地開発に伴う区画整理事業完了を記念して地権者が奉建したもの。昭和62年(1987)建築、高さ28.8m。丘の上の強風対策として軸部を鉄筋コンクリートに造り、その周囲の外装材を木曾檜で構成してあるので純木造塔ではないが、全容を禅宗様に造った珍しい塔である。(参考;五重塔が好き!http://blogs.yahoo.co.jp/sukegoro12)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

新しいものですが、本物志向で作られているため、けっこう風情があります。禅宗様の造りは珍しいそうですが、その辺の詳しいことは良く分かりません。

さて、このほど近くには、山田土筆さんという日本画家さんが、自宅のアトリエを私設美術館として公開しています。ただし、日本画家さんといっても、もとは数学の先生だったそうです。
この地の周辺は、新興住宅街としてかなり開発されているのですが、土筆さんは、昔の里の風景をずっと描いてこられた方です。香林寺の五重塔も何枚も描かれています。今では見る影もなくなってしまった里の風景を、地域の子どもたちにも知ってもらいたいと、自宅アトリエに子どもたちを呼ぶこともあるそうです。とても優しい方で、突然訪ねた私を画室にまで案内してくださいました。お話を聞いていると、ずっと細山の風景を見つめてきた思い、細山を愛する思い、細山のよさを受け継いで行きたいという思いがひしひしと伝わってきます。美術館の名前もご自宅であるにも拘らず、あくまでも「細山美術館」です。この土筆さんの思い、地域で受け継いで行って欲しいものですね。

↓新しいながらも風情のある五重塔です
b0007648_22571782.jpg


↓立ち並ぶ観音様も微笑ましい香林寺境内の坂道
b0007648_22483139.jpg


↓山田土筆さんの私設美術館
b0007648_22484658.jpg

b0007648_22485629.jpg

[PR]
# by mitsufumi_okada | 2006-12-15 22:58 | 東京ポタリング